調剤内規をないがしろにする薬剤師にミスは起こる

薬剤師法における調剤とは
「薬剤師は、医師、歯科医師、又は獣医師の処方箋によらなければ、販売または授与目的で調剤してはならない」
とされています。
しかし実際の調剤業務にはあまり細かい決まりは定められていません。
ですから、同じ処方内容でも薬剤師ごとに調剤された薬剤の内容がは異なるということも起こりうるわけです。

それは患者さんにとっては困ります。
毎回違う状態で奥汁が出ていては、不安になったり、』に見間違えたり鵜することにつながります。

調剤内規とは、
個々の薬剤師による裁量によるところを、細かくルールを定め
どの薬剤師が調剤しても毎回同じ状態になるようにする
ためのものです。
これらの調剤内規は調剤の細かいところまで明文化されています。
例えば
水剤の加水方法や1回分のメモリ取り方
水剤を混合するかしないかしないかの可否
散剤の賦形剤の量
錠剤の粉砕方法b

そんな細かい調剤内規に戸惑う薬剤師もいます。
特に転職で新しくやって来た薬剤師なら尚更です。
そこでつい以前の職場のやり方でやってしまうんです。

しかし、転職してきた薬剤師や新人薬剤師はまず調剤内規うぇお失火例と身につけなければなりません。

調剤内規は一度決めればずっと同じではありあm線。
それぞれの薬剤師が意見や考えを述べ、変更すべき点は変えるという柔軟性も大切です。
ただ、それはその部内みんなで話し合って決めていかなければならない物であって、決して調剤内規を借るん字てはいけないのです。

調剤内規は長年その施設内で培ってきたものの集積です。
そこにいたるにはそれなりの理由や事情があるのです。
ですから薬剤師個人が自分の意見や判断で勝手にその手順などを省略することはあってはならないことも肝に銘じておきましょう。

もし調剤内規に疑問点や改善点が見つかったのなら部内みんなで話し合って、改良すべき点やどうしてそうなったのか?の経緯もしっかりと説明して部内の池にゃ考えをまとめてから調剤内規の改善はすべきです。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です