自分のサインを綺麗に書くコツ|点画を連続させる

自分おサインで感じを崩して書くのってカコイイでうしょね。
そこで参考になるの行書体です。
行書体はもともと楷書体からの進化形です。
自分のサインを考える時に参考になります。

楷書ではひとつひとつの点画を区切って書きます。
しかし、綺麗な楷書の書き方は常に次の点画への動きを意識して繋がっています。
これをもっとい繋げた物が行書体です。
楷書では見えていなかった線を行書ではあえて見せているのです。
ただ、この店方が難しいのです。
いくら流れるような書体であってもすべてつなふぇ手行っては一筆書きで読めなくなってしまいます。
どこをつなげて、どこをつながない
その取捨選択なんです。

例えば「へん」と「つくり」をつなげて書くの方法もあります。
「へん・かんむり」と「つくり」なら「へん」の最後と終修筆と「つくり」の最初の起筆を繋げます。
繋ぎやすくするために「へん・かんむり」の最終画の点画を省略したり変形させて書く場合もあります。
ココでのちゅい店は、一筆書きのように流れるように書く行書体ではよく「つくり」が
上下の複合体では右寄りに
左右の服後言うタイなら右性に売り
なりがちに注意してください。

また、あえて筆順を無視してもいい場合もあります。
筆順は買いh祖を基本い考えられています。
それを行書体や草行では必ずしも正しい筆順で書かれていないことも多いのです。
書きやすいように筆順を変えてもいいのですが、自分お考えで勝手にお変えてもうまく書けません。
このあたりは昔の草行の字を参考にすると勉強になります。

草書は画数がとても少なく、流れるような書体です。
自分のサインを考える時に一度自分の名前の漢字の草書体を「士卜部てみてください。
驚くほど簡素化されていることに驚くかもしれません。
日頃から、あまり草書体を目にする子はめったにみない現代です。
草書体は書道を極めていく方たちが習う書体です。
しかし、これが意外な発想を自分おサイン作りに役立つことも多いのです。
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です